ニセコグラン・ヒラフのゲレンデ情報

ニセコグラン・ヒラフのスキー場マップ

画像を拡大して表示する→

ニセコグラン・ヒラフの基本情報
  • コース数30
  • リフト数16
  • 最長滑走距離5600m
  • 最大斜度40度
  • 営業時間8:30~16:30
  • ナイター営業16:30~20:30
  • URLhttp://www.grand-hirafu.jp/winter/
  • レベル別コース比率
    初級
    37%
    中級
    40%
    上級
    23%
    スキーヤー・ボーダー比率
    スキーヤー
    60%
    ボーダー
    40%

ニセコプリンスホテルひらふ亭

ニセコグラン・ヒラフの特徴

人気のニセコエリア4つの中でも最大級の広さを誇る、ニセコマウンテンリゾートグラン・ヒラフ。 その理由は外国人スキーヤーもこぞって絶賛するサラサラの極上パウダースノーが特徴の広大なゲレンデ! 麓にはホテル、コンドミニアム、温泉、レストランなどの町並みが広がっています。HANAZONOエリアを含めると北海道随一の30コース、16基のリフト、最長滑走距離は5,600mと圧倒的なスケールを誇っており、さらに森林限界を超えたトップから麓のボトムまでの標高差も940mと一気に滑り降りる爽快感はたまりません。
広大なエリアをカバーするリフトは、シングル1基、ペア8基、クワッド6基、ゴンドラ1基の計16基。1時間あたりの輸送人員は22,897人を誇ります。今シーズンは、ジャンボコース付近にあるリフトが4人乗りのフード付の高速クワッドリフトに新たに生まれかわり、ますます快適な移動ができるようになりました。キングエリアにはフリーライドパークが設けてあり、ステップダウン、テーブルトップ、ダブルダウンレイルなど初級者から上級者まで楽しめるアイテムがそろっております。たま、ファミリーでの北海道スキーツアーでも楽しめるよう、お子様用のレベルに合わせたキッズレッスン、スキーヤーやスノーボーダーが入れない安全な独立エリア雪の広場もありますので、思い切りニセコの雪を楽しむことができます。そして充実のレストラン&カフェもポイントです。ヒラフでしか味わえない味覚も多くあり、特におすすめはマウテンセンター内のレストラン&カフェタンタ・アンのニセコツリーバーガー。高く積み上げられたハンバーガーにびっくり!その他にもゲレンデ内には6箇所、合計7箇所のレストラン&カフェがあるので食には不自由しません。

ページトップへ戻る