函館七飯スノーパークのゲレンデ情報

函館七飯スノーパークのスキー場マップ

PDFで確認する→

函館七飯スノーパークの基本情報
  • コース数8
  • リフト数3
  • 最長滑走距離4000m
  • 最大斜度29度
  • 営業時間9:00~17:00
  • ナイター営業17:00~22:00 ※12/20~3/8期間の金・土・日・祝前日
  • URLhttp://hakodate-nanae.jp/
  • レベル別コース比率
    初級
    50%
    中級
    30%
    上級
    20%
    スキーヤー・ボーダー比率
    スキーヤー
    50%
    ボーダー
    50%

函館七飯スノーパークの周辺イメージ

  • 函館七飯スノーパークイメージ
  • 函館七飯スノーパークイメージ
  • 函館七飯スノーパークイメージ
  • 函館七飯スノーパークイメージ

函館大沼プリンスホテル

函館七飯スノーパークの特徴

函館七飯スノーパークは、どのコースにおいても駒ヶ岳と大沼の作り出す雄大なパノラマ風景を楽しめる所が魅力です。日本最長クラス3,319mのゴンドラで一気に山頂へ向かい、4,000m以上のロングランをお楽しみいただけます。 初心者でも安心なワイドな緩斜面と雄大な景色に魅了され北海道スキーツアーにもスノボツアーにも重宝されています。 函館七飯スノーパークは、全部で7つのコース、3基のリフトで構成されており規模はあまり大きくありませんが、山頂からのロングランが大変魅力的なスキー場となっております。初級者におすすめはファミリーコース。滑走距離は2,000mと長いですが平均斜度が10度、最大斜度15度緩やかな斜面と幅広いコースで初級者の練習に最適のバーンとなっております。中級者におすすめはチャレンジコース。整備が行き届いておりコブも少なく平均斜度12度、最大斜度26度ですのでどなたにでも楽しんでいただけます。上級者におすすめはとどまつコース。自然のままのアンジュレーションを活かした上級コースで、最大斜度24度となっております。今年オープンした山頂カフェ「PeakCafe」も今年最大のトピックス。駒ヶ岳が眼前に見えるロケーションは必見。 函館市内から函館七飯スノーパークまでは、JRで約50分、大沼駅からは無料シャトルバスで15分となっております。また、近隣の函館大沼プリンスホテルからも無料シャトルバスが出ており、ホテルから約30分と好アクセスとなっております。

ページトップへ戻る