夏の北海道

夏の北海道の主要な観光地

鮭(シャケ)、とうもろこし、ミルク、いくら、かに、ジンギスカン・・・美味しいものだけじゃない!広大な土地に広がる幻想的な景色から四季折々のお祭り、レジャー、遊園地、温泉など列挙しきれないほどの魅力がある北海道の特集です。冬のイメージがある北海道ですが、夏の観光地からも目が話せません!色鮮やかなお花、自然豊かな土地。夏の北海道でしか見ることが出来ない景色が広がっています。

えこりん村(千歳)の観光について

えこりん村イメージ

えこりん村とは・・・

えこりん村は北海道恵庭市にある「未来のこどもが幸せになるために」を主軸に、環境問題やそのことに対して日々個々が出来ることを実行に移せる行動の学びの場とも言えます。環境に対し負荷を軽減させるためにはどうしたらいいのか、このえりこん村で実行していることを見て、触れて、感じて多くの人にこの環境を保つために、一人一人がどのようなことをすればいいのか改めて考えさせられる場所です。または未来を見据え、環境をよりよくする方法や、親子で田植え、稲刈り、など収穫なども体験出来ます。二酸化炭素を抑える農業技術を開発したり、リサイクルの他、バラ園とおもえば食べられるバラが4000本もある、食べることと鑑賞が合致するバラ園や、ミニチュアホースやラマアルパカや羊の放牧を見ることも出来ます。

アクセス

■札幌方面から
札幌駅 → 恵庭駅 快速エアポート利用/所要時間 23分
■新千歳空港方面から
新千歳空港駅 → 恵庭駅 快速エアポート利用/所要時間 13分■恵庭駅からの無料送迎バス
恵庭駅西口→えこりん村「花の牧場」→えこりん村「銀河庭園」の順で停車します。所要時間 約15分

入園料

大人:1,200円
小人:600円
65歳以上:1,000円
障がい者・助介者:600円
※大人1名につき 中学生以下5名まで無料

営業時間

4/27〜9/30→09:30〜17:00
10/1〜11/5→09:30〜16:00

近隣のホテルからツアーを探す

  • こちらから

洞爺湖(洞爺湖町)の遊覧船について

洞爺湖イメージ

洞爺湖の遊覧船とは・・・

北海道西部に位置する洞爺湖は、低い山に囲まれた日本で3番目の大きさのカルデラ湖です。2008年には日本百景に登録されており、湖の内側からは深い青色の湖面と周りにそびえ立つ羊蹄山、有珠山、昭和新山を背景にした雄大な風景が楽しめます。湖内には中島、饅頭島、弁天島、観音島の4つの島があり、その中で一番大きな中島はエゾシカがたくさん生息し、「エゾシカの楽園」ともいわれます。洞爺湖のクルージングは湖畔の温泉街から出発し、湖内を一周するコースや内側の島の一部を外周するコース、中島に上陸して豊かな自然と野生生物を観ることができるコースなど、様々な内容があります。洞爺湖町の名物の温泉巡りと合わせて、三つの山から「気」が流れ込こむパワースポットとしても有名な洞爺湖でリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

アクセス

■函館本線/室蘭本線 函館~洞爺駅(特急1時間30分) ■室蘭本線 札幌~洞爺駅(特急1時間38分) 苫小牧~洞爺駅(特急56分)※洞爺駅から洞爺湖温泉までは、道南バスまたはタクシー利用 ■室蘭本線 南千歳~洞爺駅(特急1時間11分)

入園料

■中島巡り遊覧船
一般料金→大人:1,420円・小人(小学生):710円
団体割引料金(15名様以上)→大人:1,280円・小人(小学生):640円
障がい者料金(手帳を提示)※1級・2級 本人付添、1名まで適用 3級 本人のみ適用 団体、施設でのご利用についてはお問い合わせください!※→大人710円・小人(小学生)360円
修学旅行料金(引率教論同額)→(大・高・中学生):1,000円・(小学生):640円 ※大人1名につき 中学生以下5名まで無料
■花火観賞船(冬期間は運航しておりません)
一般料金→大人:1600円・小人(小学生):800円
団体割引料金(15名様以上)→大人:1,440円・小人(小学生):720円
修学旅行料金(引率教論同額)→(大・高・中学生):1,120円・(小学生):720円
※4月28日から10月31日まで運航 20:30頃出航

営業時間

夏季運航コース【4月下旬~10月末日】→8:00~16:30(30分毎)
冬季運航コース【11月~4月初旬】→9:00~16:00(60分毎)

近隣のホテルからツアーを探す

  • こちらから

登別地獄谷(登別市)の観光について

登別地獄谷イメージ

登別地獄谷とは・・・

登別の地獄谷は、登別温泉街の主な湯の源泉となっている場所で、鬼の住む地獄のように見える谷間であるため、このように呼ばれます。温泉街から地獄谷への道は徒歩10分程度の短いもので、その途中では鬼祠(おにぼこら)や鬼の彫像があります。地獄谷は、そこかしこに無数の温泉ガスや水蒸気の吹き出し孔があり、白い煙を吹き出しています。ガスの噴き出る危険地帯は立ち入り禁止ですが、ここに接近できる遊歩道があって、安全な範囲でこの地獄の様相を間近で見物できます。地獄谷の北側には、熱湯の沼である「大湯沼」があり、水面から湯けむりが立ち上り、その異様な光景を見ることができます。

アクセス

■北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線登別駅から約8km。 ■道央自動車道登別東ICから約6km。※駐車料金について
2015年4月1日以降  500円/1日1回・乗用車(大湯沼駐車場との共通利用券。但し冬期を除く)

入園料

無料

営業時間

地獄谷展望台の照明は午後11時頃まで点灯しています。施錠はしませんが、地獄谷ご覧になるのでしたら日没までの観覧をオススメします。

近隣のホテルからツアーを探す

  • こちらから

利尻島・礼文島の観光について

利尻島・礼文島イメージ

利尻島・礼文島とは・・・

利尻島と礼文島は、豊かな自然に恵まれ、四季折々の風景を満喫できるスポットが豊富です。北海道最果てに位置しており、稚内からフェリーに乗って訪れる必要があります。島内の移動には自分のペースで観光の計画を立てやすいレンタカーが最適です。利尻島は、日本百名山に選ばれている利尻山を中心に高山植物が自生しています。6月~8月には本格的に登山を楽しめます。原生林に囲まれている姫沼は数ある観光地の中でも好評です。礼文島は、花の浮島と呼ばれ、6月頃になると島独特の稀少の花々が咲き誇っています。季節ごとに植物が咲き乱れる高山植物園、最果てならではの雰囲気を堪能できるスコトン岬が人気です。

アクセス

■各方面より利尻島へ来る方法は飛行機かフェリーになります。

入園料

無料

営業時間

なし

近隣のホテルからツアーを探す

  • こちらから

知床半島の知床五胡やフレペの滝などについて

知床半島イメージ

知床五胡とは・・・

知床五湖は、知床の湿地帯にある5つある沼の総称で、一湖から五湖までの名で区別されます。一湖の付近には高架木道が設置され、遊歩道で5つの沼の全てを巡ることもできます。周囲は自然にあふれ、エゾリスやエゾシカを観察できます。ただし、ヒグマが付近に出没することがあり、遊歩道の一部が閉鎖されることもあります。同じく知床にあるフレペの滝は、断崖絶壁の途中から地下水が海に流れ落ちて滝になる珍しい滝で、川の水が流れ落ちる普通の滝とは全く違うタイプのものです。水量が多くないため、その様子から「乙女の涙」の愛称があります。知床五湖もフレペの滝も、北海道斜里郡斜里町にあり、近い位置関係にあります。

アクセス

■ウトロから知床五湖まで
・斜里町ウトロから約14km。(車で約20分)
※2011年設立の知床五湖フィールドハウスの施設情報は、ほとんどのカーナビに掲載されていません。また、一部のカーナビで、知床五湖を電話番号検索すると違う場所に案内される、などの不具合が報告されています。 カーナビを利用してお越しになる際にはご注意ください。
■斜里町からウトロまで
・女満別空港から約90km(2時間)路線バスあり・季節運行(斜里バス)
・JR釧網本線知床斜里駅から約40km 路線バスあり(斜里バス)
・札幌中央バスターミナルから高速バスあり(北海道中央バス 要予約)

入園料

なし

2018年営業時間

■知床五湖フィールドハウス
営業期間 : 4月下旬 - 11月下旬
営業時間 : 7:30 - 閉館時間は時期により変動します。
・開園 - 5/9、8/1 - 8/31→18:00
・5/10 - 7/31→18:30
・9/1 - 9/15→17:30
・9/16 - 9/30→17:00
・10/1 - 10/20、10/21 - 10/31→16:30
・11/1 - 閉園→16:00
■知床五湖パークサービスセンター
営業期間 : 4月下旬 - 11月下旬(予定)
営業期間:8:00 - 17:00
■五湖駐車場
営業期間:7:30より
料金:普通車 500円、マイクロバス 1,000円、大型バス 2,000円、バイク 200円

近隣のホテルからツアーを探す

  • こちらから

ファーム富田(富良野)について

ファーム富田イメージ

ファーム富田とは・・・

北海道の中心部、中富良野にあるファーム富田は約15万ヘクタールを誇る花畑でラベンダーなどの様々な花が栽培されています。特に人気なのがラベンダーやカスミソウ、ポピーなど7色の花々が緩やかな丘を彩る「彩りの畑」。見頃は7月中旬から下旬にかけてで、この時期には近くの道路で渋滞が起きるほど多くの観光客が訪れます。花畑のほかにもオリジナル商品を扱うショップやカフェがある「花人の舎」やファーム富田の四季折々の花畑の写真を鑑賞できる写真館「ギャラリーフルール」など様々な施設があるので、一日中楽しむことができるでしょう。

アクセス

■鉄道でお越しの方
・JR富良野線「ラベンダー畑駅」(ファーム富田から徒歩約7分)
■車でお越しの方
・旭川空港より→国道237号経由・・・約45分
・新千歳空港より→道東自動車道 占冠I.C経由・・・約2時間30分
・札幌市内より→道央自動車道 三笠I.C経由・・・約2時間30分
※路上駐車・バス専用駐車場への駐車はご遠慮下さいますようお願い致します。
・ラベンダーイーストは、ファーム富田より車で約4km(約7分)

入園料

入園料・駐車料ともに無料です。

営業時間

花畑と駐車場につきましては24時間開放しておりますので、日の明るいうちはいつでもご入園・ご見学していただけます。ただしお手洗いは売店営業時間外は閉鎖しております。

近隣のホテルからツアーを探す

  • こちらから

ガーデン街道の大雪森のガーデン(上川町)について

ガーデン街道の大雪森のガーデンイメージ

ガーデン街道の大雪森のガーデンとは・・・

森のガーデンは旭川のガーデンデザイナーである上野砂由紀さんが手がけました。2013年のオープン時は小さかった草花も大きく育ち、雪に閉ざされる季節までその生命を輝かせます。ガーデンは5ゾーンに分けられており、カーブを描いた小路が次のゾーンへの期待感を高める造りになっています。入り口は大雪山系に自生する高山植物等を集めた「大雪な庭」と、あえて同じ開花期の植物を集めて一斉に咲き誇る様にした「四季のすみか」です。その奥には白樺の間を埋めるようにグラウンドカバー植物を中心に植栽した「花の泉」があります。次が五感を刺激する香りや手触りの良い植物を集めた「親しみの庭」です。そして最奥には「カムイミンタラ」があり、ダイナミックな植栽が正に北海道ガーデンと言える庭になっています。

アクセス

■札幌~旭川→L特急スーパーカムイ (約1時間25分)
■札幌~旭川~上川→特急オホーツク (札幌から約2時間10分)

入園料

■入場券(通常)
一般→800円(消費税込み)・中学生以下→無料、
■大雪森のガーデン・上野ファーム共通入場券
一般→1,300円(消費税込み)
■風のガーデン・大雪森のガーデン・上野ファーム共通入場券
一般→1,600円(消費税込み)
■旭山動物園 共通チケット
一般→1,400円(消費税込み)
■年間ガーデンパスポート
一般→1,500円(消費税込み)

2018年営業時間

■夏季営業時間
・「4/28~5/18」 9:30~17:30(最終入園17:00)
・「5/19~9/9」 9:00~18:00(最終入園17:00)
・「9/10~10/14」 9:00~17:00(最終入園16:00)
■冬季営業期間
・12月22日~2019年3月下旬(予定)

近隣のホテルからツアーを探す

  • こちらから

ガーデン街道の上野ファーム(旭川市)について

ガーデン街道の上野ファームイメージ

ガーデン街道の上野ファームとは・・・

ガーデン街道の上野ファームは、北海道という北国ならではの気候を敏感に感じる植物たちがおりなすガーデンファームです。北国ならではの気候と共に生きる植物たちがそのまま作り出す季節ごとの開花期を直接見て感じることが出来ます。また8つあるガーデンファームは植物の生命力の強さ、また野原のようなガーデンからはその広大さに開放感さえ感じ心地よいです。ガーデンから登ることが出来る射的山の斜面から見晴らせる広いガーデンは、まさに圧巻です。車椅子を利用されている方でも来場することも可能です。また、園内でも車椅子の貸しだしをしています。

アクセス

■列車で
・JR石北線「桜岡駅」下車、徒歩15分
JR宗谷線「永山駅」下車、タクシーで10分
■お車で
旭川北I.C.より約20分

入園料

■入園料
大人→800円・小学生以下→無料
(中学生から大人料金となります。)
■ガーデンパスポート
1,000円
■ガーデンパスポート特典
ガーデンの閉園期間(10月〜4月)NAYAcafeでフードやデザートをご注文の際にパスポートを見せていただくと対象ドリンクが飲み放題になります。

2018年営業時間

■ガーデン公開期間
4月21日〜10月14日
■ガーデン公開時間
10:00〜17:00

近隣のホテルからツアーを探す

  • こちらから

ガーデン街道の風のガーデン(富良野)について

ガーデン街道の風のガーデンイメージ

ガーデン街道の風のガーデンとは・・・

北海道を代表するガーデンデザイナー、上野砂由紀さんが手がけた風のガーデンは、テレビドラマの舞台用に造られました。ゴルフ場の跡地だったため、グリーンを剥がしてそれを塀のように仕立てるなど、エコの面にも配慮して造っています。ドラマのセットである小屋を中心に、約2万株の草花を植栽しています。くねくねさせた小路は進む者に期待を抱かせる舞台装置です。要所要所にアイキャッチとなる植物を置くことで締まりのあるガーデンに。夏季は特別にナイトガーデンもオープンします。昼と夜で異なる庭の表情を楽しんではいかがでしょうか。

アクセス

■お車で
JR富良野駅から10分
■新富良野プリンスホテル(風のガーデン受付)より送迎車にて約4分
※営業期間・時間は変更させていただく場合がございます。

入園料

■入園料
1名さま ・おとな¥800
・小学生(7〜12才)¥500
・幼児(4〜6才)無料 〈送迎代込み〉

2018年営業時間

■期間
4月28日〜10月14日
■時間
8:00A.M.〜6:00P.M.(最終受付5:30P.M.)
※モーニングガーデン開催 6月16日〜 8月31日
6:30A.M.〜6:00P.M.(最終受付5:30P.M.)
※10月1日〜10月14日
8:00A.M.〜4:00P.M.(最終受付3:30P.M.)

近隣のホテルからツアーを探す

  • こちらから

ガーデン街道の十勝千年の森(清水町帯広近郊)について

ガーデン街道の十勝千年の森イメージ

ガーデン街道の十勝千年の森とは・・・

「十勝千年の森」は、北海道ガーデン街道の一部で、8つあるガーデンの内の1つです。十勝千年の森では、森林と庭園と農業そしてさらにアートを加えて、人が自然に触れ合える環境作りを行っています。放置されて荒れたカラマツ林に手を入れて、自然な雑木林に戻す試みも行っています。十勝千年の森の敷地内では、乗馬体験やセグウェイ体験ができ、野外でのアート展示を楽しめ、さらに十勝ナチュラルチーズ作り体験工房もあって、普段と違う体験がいろいろとできます。ここは、いわば自然をテーマにしたテーマパークで、自然と人工との絶妙な融合を目指した楽園です。

アクセス

■お車で
勝千年の森までお車でお越し下さい。
無料駐車場完備(180台)
・帯広から 45分
・とかち帯広空港から 60分
・札幌から 3時間
・新千歳空港から 2時間30分
・旭川空港から 2時間30分
・富良野から 1時間40分
・トマムから 40分
・釧路から 2時間30分

入場料

■入場料
・大人・一般→1,000円
・小中学生(学生証提示)→500円
・小児(小学生未満)→無料
身体障がい者→800円(小・中学生→400円)
・団体→800円(15名様以上、小・中学生→400円)

2018年営業時間

■開園期間
グリーンシーズン4月28日~10月21日
■営業時間
4月28日~6月30日9:30~17:00
7月1日~8月31日9:00~17:00
9月1日~10月15日9:30~16:00

近隣のホテルからツアーを探す

  • こちらから

ガーデン街道の真鍋庭園(帯広市)について

ガーデン街道の真鍋庭園イメージ

ガーデン街道の真鍋庭園とは・・・

真鍋庭園は日本で初めてのコニファーガーデンで、造園会社の植物見本園です。1966年から着々と拡張を続け、今や面積は25,000坪にもなります。広大な庭の中には、日本庭園、西洋風庭園、風形式庭園と3つのゾーンが造られています。「木ばかりだなんてつまらない」と侮るなかれ。基本的に一年中色の変わらない針葉樹中心ですがその表情は実に様々で、こんなに色や表情の違う葉があるのかと驚かされます。モミジなどの落葉樹や低木類、果樹等も植わっているため秋の紅葉も楽しめるでしょう。春には球根植物や山野草もお目見えします。森林のような庭にはエゾリスの家族も住んでいますので、運が良ければ出会えるかもしれません。

アクセス

■お車・バスで
・とかち帯広空港→帯広市内(バスで30分)
・JR帯広駅→真鍋庭園(車で15分)
・とかち帯広空港→真鍋庭園(車で20分)国道236号線ぞいカンバンあり
・十勝バス:「循環西廻り・工業高・北高方面」行きで12分、「西4条39丁目」下車(230円)徒歩約5分。
・車:国道236号線と38号線交差点より南方向20分(5km)帯広広尾自動車道帯広川西ICより帯広駅方向5分

入場料

■入場料
・大人→800円
・子供(小・中学生)→200円
・団体(20名様以上)→600円
年間パスポート・大人→1,800円・子供500円
・障害者料金[併用不可]→600円(障害者手帳をご提示下さい)

2018年営業時間

レギュラーシーズン(6~8月以外)8:00~日没まで
サマーシーズン(6~8月)8:00~18:00までご入園(19:00閉園)
12月~4月下旬は休園期間

近隣のホテルからツアーを探す

  • こちらから

ガーデン街道の十勝ヒルズ(幕別町帯広周辺)について

ガーデン街道の十勝ヒルズイメージ

ガーデン街道の十勝ヒルズとは・・・

ガーデン街道の十勝ヒルズは、北海道ガーデン街道にある8つの中の丘の上にあるガーデンで、十勝の魅力をたくさんの満喫できます。季節ごとの花や、野菜や果樹などをテーマにしたガーデンが楽しめます。十勝を眺められるレストラン「ファームレストラン ヴィーズ」では、ハンガリー料理が楽しめ、そして園内で収穫された野菜や果物を使用することで、その季節にあったこだわりの食材のメニューがとても人気です。また、季節ごとにイベントも行っており、四季折々の楽しみ方ができます。ガーデン街道の十勝ヒルズは「農と食」を感じられるところです。

アクセス

■お車で
・真鍋庭園様から/5分
・帯広駅から/15分
・とかち帯広空港から/20分
・十勝川温泉から/20分
・富良野から/2時間30分
・釧路から/2時間30分
・千歳から/2時間
・札幌から/2時間30分

入園料

・大人→800円
・子供(中学生)→400円
・小学生以下→無料
・身障者割引→大人半額/中学生以下無料
※身障者手帳の呈示が必要です。
※付添の方(身障施設従業者)は入園無料
・ヒルズパスポート(1年間入園料無料・特典有り)→1,500円
・動力カート使用料金
1,000円(30分)

2018年営業時間

■ 営業期間
4月下旬~10月下旬(開園期間は無休)
■ 営業時間
9:00~18:00

近隣のホテルからツアーを探す

  • こちらから

ガーデン街道の紫竹ガーデン(帯広市)について

ガーデン街道の紫竹ガーデンイメージ

ガーデン街道の紫竹ガーデンとは・・・

北海道の代表的な8つのガーデンが集中しているガーデン街道。その中でもとりわけ人気のガーデンが「紫竹ガーデン」です。ここは当時63歳だったおばあさんが20年かけて作り上げたお花畑として有名で、年間10万人以上の観光客が訪れる人気スポットです。15000坪のガーデンには季節を通して約2500種の花々や北海道の木々が植えられており、四季折々の植物を見ることができます。園内にはレストランもあり、ガーデンで育った無農薬の野菜や十勝産の美味しい食材を使ったメニューが人気です。都会では決して味わうことのできない、広々とした心地よさと開放感を満喫することができます。

アクセス

■お車で
・とかち帯広空港から28分
・JR根室本線 帯広駅から35分
・高速道路出口 道東道 川西インターから20分
・釧路空港から2時間37分
・千歳空港から2時間24分
・旭川空港から3時間11分
・阿寒湖温泉から2時間17分
・富良野から車で2時間18分
・トマムから車で1時間10分

入園料

・大人→800円
・子供 200円
・団体割引(10名様以上)→大人 700円、子供150円
・シーズン券→大人のみ 1,000円

2018年営業時間

■ 営業期間
4月21日~11月末
■ 営業時間
8:00〜18:00

近隣のホテルからツアーを探す

  • こちらから

ガーデン街道の六花の森(帯広近郊)について

ガーデン街道の六花の森イメージ

ガーデン街道の六花の森とは・・・

ガーデン街道の六花の森は、六花亭の花柄包装紙に坂本直行が描いた山野草の景色を再現してみようと2007年に開業しました。一年中、季節に応じて様々な花々が咲き誇っており、中でも十勝六花と呼ばれる6種の花はその筆頭です。春にはカタクリやエゾリュウキンカ、夏にはスズランやハマナシ、秋にはエゾリンドウが咲き、景色を鮮やかに彩っています。園内を流れる三番川沿いには坂本直行記念館があり、貴重な作品をゆったりと鑑賞することができます。また、人気スポットである道の駅なかさつないでは、地元の特産や食事を楽しむこともできます。

アクセス

■お車で
・とかち帯広空港から車で約20分
・たんちょう釧路空港から車で約2時間50分
・JR帯広駅から車で約40分

入園料

・大人→800円
・子供(小中学生)→500円
・団体割引(20名様以上)→大人→600円、子供(小中学生)→300円

2018年営業時間

■ 営業期間
4/27~5/31、9/1~9/24
■ 営業時間
10:00~17:00
■ 営業期間
6/1~8/31
■ 営業時間
9:00~17:00
■ 営業期間
9/25~10/14
■ 営業時間
10:00~16:00

近隣のホテルからツアーを探す

  • こちらから

摩周湖(弟子屈町)について

摩周湖イメージ

摩周湖とは・・・

日本で1番、世界でも2番目に透明度の高い湖として有名です。晴れた日の摩周湖は目が覚める青さから「摩周ブルー」と呼ばれています。また「霧の摩周湖」という曲のタイトルにもなったように、霧がかかる湖としても知られています。壮大な湖と幻想的な霧のコラボは必見です。晴れた日の澄んだ青さの摩周湖も、霧がかかった幻想的な摩周湖も、どちらも1度は見ておきたいですね!交通アクセスは、レンタカーの他、便利な観光タクシーや観光バスなどもあります。周辺施設のお得な割引サービスもありますので、ぜひチェックしてみてください!

アクセス

■バスで
・川湯温泉駅からバスで約40分
・摩周駅からバスで約20分

入園料

なし

営業時間

なし

近隣のホテルからツアーを探す

  • こちらから

屈斜路湖(弟子屈町)について

屈斜路湖イメージ

屈斜路湖とは・・・

面積は79.3平方キロメートル、最大深度は117.5mという、日本有数の大きさを誇るカルデラ湖です。コバルトブルーの水面が美しい湖の周囲は雄大な自然に囲まれていて、年中を通じて観光客で賑わっています。また川湯温泉をはじめとする温泉地にも近いため、キャンプやウォータースポーツに興じながら温泉でのんびりくつろぐことができます。冬には数百匹にもおよぶ白鳥が羽を休める姿や、湖全面が凍結して氷の丘があちこちにできる現象などを見ることができます。さらに運が良ければ「樹氷」や「ダイヤモンドダスト」といった宝石さながらの美しい自然現象にお目にかかれるかもしれません。

アクセス

■お車で
・釧路空港から約1時間10分
・札幌から約6時間35分(道東・道央道利用)
・網走から約1時間20分
■バスで
川湯温泉駅から約40分

入園料

なし

営業時間

なし

近隣のホテルからツアーを探す

  • こちらから

硫黄山(弟子屈町)について

硫黄山イメージ

硫黄山とは・・・

屈斜路湖と摩周湖に挟まれた位置にある硫黄山は各所に点在する亀裂から噴出する煙や硫黄特有の臭気がふもとまで漂う環境が大きな特徴です。低地に居ながら火山活動の凄まじさを感じることが出来るようになっています。また、山の中腹にある大きな穴は噴火口の跡地で、かつてはアイヌが首領の際に熊などの獲物を追い落とした場所として知られています。硫黄山周辺は一年を通して硫黄の噴出に伴う高熱の発生により、温暖な状態が続いています。そのため、本来は標高が高い地域に生える様々な高山植物を数多く見ることが可能になっています。

アクセス

■バスで
・川湯温泉駅から約5分

入園料

なし

営業時間

夜間は入場不可

近隣のホテルからツアーを探す

  • こちらから

ルスツの遊園地やプールなどについて

ルスツの遊園地やプールイメージ

ルスツの遊園地やプールとは・・・

ルスツリゾートの遊園地は道内最大級となっており、アトラクションの数も60種類以上と多く、小さなお子様のいるご家族からカップルまで幅広い年齢層の方が楽しめる仕様になっています。ジェットコースターをはじめとする絶叫マシンも充実しており、絶叫マシン好きな方にもオススメです。そんなルスツリゾートでは遊園地だけでなく夏場にはプール、冬場にはスノーボードやスキーなど、季節のスポーツが楽しめる環境も整っています。それ以外にも様々な季節限定のアクティビティが多数あり、夏休みや冬休みの自由研究や思い出作りにも人気です。

アクセス

■お車で
・札幌から約90分
・室蘭から約80分
・千歳から約90分
・苫小牧から約100分
・ニセコから約30分
・洞爺湖から約35分

入園料

■一日券
・大人(中学生以上)→5,000円(夏休み→5,500円)
・小学生→4,000円(夏休み→4,500円)
※4歳以上小学生未満・及び60歳以上の方→1,200円
■トワイライト券(14時以降のご入園)
・大人(中学生以上)→4,000円(夏休み→4,500円)
・小学生→3,000円(夏休み→3,500円)
※4歳以上小学生未満・及び60歳以上の方→1,200円
■ナイター券(ナイター開催日の17:00以降のご入園)
・大人→2,500円
・小学生→2,000円
・4歳以上小学生未満→無料
・60歳以上の方→1,200円
■ファミリー割引
・大人→4,000円(夏休み→4,500円)
小学生:4,000
※小学生のお子様を含むファミリーに限ります。
■学生割引
・大人→4,200円(夏休み→4500円)
※中・高・大学生・専修学生限定(学生証の提示が必要です。)
■ランチパック1日券
・大人→5,500円(夏休み→6,000円)
・小学生→4,500円(夏休み→5,000円)
※900円分のランチ券付き
■障がい者割引
・大人→2,500円
・小学生→2,000円
※付き添いお一人様まで同料金
■団体割引(10名様以上)
・大人→4,500円(夏休み→5,000円)
・小学生→3,500円(夏休み→4,000円)
■団体割引割引
・大人→4,000円(夏休み→4,500円)
・小学生→3,000円(夏休み→3,500円)

2018年営業時間

●営業期間→4月28日~10月14日
■ 営業期間
4/28-7/22、8/25-9/9、9/17-9/30の土日祝
■ 営業時間
9:00-17:00
■ 営業期間
5/7-7/20、8/20-9/28の平日
■ 営業時間
9:00-16:30
■ 営業期間
4/28-5/6
■ 営業時間
9:00-17:00
■ 営業期間
7/23-8/19(ナイターあり)
■ 営業時間
9:00-20:30
■ 営業期間
9/15-9/16(ナイターあり)
■ 営業時間
9:00-19:00
■ 営業期間
10/1-10/14
■ 営業時間
9:00-16:00

近隣のホテルからツアーを探す

  • こちらから

トマム雲海のアクティビティについて

トマム雲海のアクティビティイメージ

トマム雲海とは・・・

トマム山の山頂より標高で150mほど下った場所に、トマムの雲海テラスがあります。この雲海テラスに行くには、ゴンドラで13分ほど揺られることになります。雲海テラスでは、その時の気象条件により、3種類の雲海を見ることができます。太平洋産雲海、トマム産雲海、悪天候型雲海の3種類のどれかで、テラスで雲海に出会える可能性は40%です。ここで雲海を体験した後は、トマム山頂への軽登山が楽しめます。登山道の長さは600mで、所要時間は40分です。山頂からの見晴らしは素晴らしく、360度のパノラマ風景が見られます。また、山頂から見る雲海も素晴らしく、テラスから見る雲海とは違った趣きがあります。

アクセス

■お車で
・新千歳空港から約100分
・旭川から約2時間30分
・富良野から約90分
・帯広から約60分
・札幌から約2時間

入園料

・大人→1,900円(シーズン券→5,000円、ザ・タワー会員割引→1,520円、障がい者割引→1,520円)
・小学生→1,200円(シーズン券→3,000円、ザ・タワー会員割引→960円、障がい者割引→960円)
・ペット→1,000円(シーズン券→1,000円)
※ザ・タワー会員・・顔写真入りです。現地にてお撮りします
※障がい者割引・・障がい者手帳をお持ちのご本人と介護者1名様に適用

2018年営業時間

●営業期間→5月12日~10月15日
■ 営業期間:5月12日~5月31日 営業時間:5:00~7:00
■ 営業期間:6月1日~8月31日 営業時間:5:00~8:00
■ 営業期間:9月1日~9月24日 営業時間:4:30~8:00
■ 営業期間:9月25日~10月15日 営業時間:5:00~7:00
※いずれも上り最終乗車時間

近隣のホテルからツアーを探す

  • こちらから

ニセコビレッジのアクティビティについて

ニセコビレッジのアクティビティイメージ

ニセコビレッジとは・・・

スキーリゾートとして多くの外国人観光客が訪れるニセコですが、スキーやスノーボード以外にも楽しめるアクティビティが多くあります。木と木の間をロープで渡るツリートレッキング、高さ10メートルからのフリーフォールを体験できるクイックジャンプ、巨大な滑り台など、大人もこどもも北海道の自然を感じながら楽しめる内容となっています。もちろん冬には雪を活かしたスノーモービルやクロスカントリー、トナカイぞりなど多彩なアクティビティを楽しむことができます。夏でも冬でも、雄大な自然の中で体験するアクティビティは北海道らしさを味わうことができます。

アクセス

■お車で
・新千歳空港から約100分
・旭川から約2時間30分
・富良野から約90分
・帯広から約60分
・札幌から約2時間

入園料

■ツリートレッキング
・大人→2,500円・こども→2,200円
■ピュアクイックジャンプ
・大人→2,300円・こども→1,800円
■ピュアアクション
・大人→2,300円・こども→1,800円等

2018年営業時間

●営業期間→4月28日~10月8日
■ 営業期間:4月~5月はGW期間4月28日~5月6日のみの営業で、ジップラインツアー、ツリートレッキング(初級コース)、クイックジャンプのみの営業

6月は土休日のみ営業(平日は団体営業のみ、予約制)
7月1日~10月8日は毎日営業
9:00 ~17:00まで営業(10月1日~10月8日は16:00まで営業)

近隣のホテルからツアーを探す

  • こちらから

ページトップへ戻る