沖縄特集

沖縄の主要なおすすめ観光地・観光スポット

「メンソーレ!!!」真っ赤な太陽!青い空!白い雲!海!砂浜!のイメージが強い常夏アイランド沖縄。そんな沖縄の新たな魅力をご紹介する特集です。定番の美ら海水族館から「でーじ」美味しいパイナップルを始めとする果物の数々!琉球グラス、琉球紅型色差し、シーサーへの色差しなど沖縄名産作りを体験!あなたが沖縄を救う!?サンゴの苗を植える体験。初めてやる方も、「なんくるないさ~」。いろいろなことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか

琉球ガラス村について

琉球ガラス村

琉球ガラス村とは・・・

琉球ガラス村は、子供から大人まで、見て、体験して、買える、琉球ガラスを満喫できるスポットです。工房では1300度という高温の窯の前で職人さんが製作している様子を見られますし、体験コーナーではグラスなどガラス自体を加工する作品づくりや、小さなガラスパーツを利用するアクセサリーや万華鏡づくりなどを体験できます。ガラスショップには隣接の工場で作られた定番品からオリジナル品まで豊富にそろっているので、選ぶのに迷ってしまうかもしれません。アウトレットにはショップに比べ、より気軽に求められる作品が並んでいます。琉球ガラス美術館では歴史資料のほか、芸術品としての作品の鑑賞が可能です。レストランも併設されているので、ひととおり回って疲れたら、沖縄定番の軽食や飲み物で疲れを癒してはいかがでしょうか。

アクセス

■那覇空港から車で約25分(ひめゆりの塔のすぐ近く)
■那覇バスターミナルから「89番糸満線」にのり、糸満バスターミナルまで行きます。
■糸満バスターミナルから「82番玉泉洞糸満線」または「108番南部循環線」に乗り換え、「波平入り口」にて下車。徒歩約1分、目の前にあります。

体験料

■オリジナルグラス作り
小学生以上対象:1,620円~
■アクセサリー作り
小学生以上対象:1,620円~2,160円
■フォトフレーム作り
小学生以上対象:1,080円~
■ジェルキャンドル作り
小学生以上対象:1,080円~
■色付け
小学生以上1,080円~
※グラス作り、お皿作りは要予約
※グラス作り以外は、親御様ご同伴で小学生未満でも体験可能。

営業時間

■9:00-18:00(年中無休)

近隣のホテルからツアーを探す

  • こちらから

ひめゆり会館について

ひめゆり会館イメージ

ひめゆり会館とは・・・

美味しい琉球料理が食べられるレストランやたくさんのお土産がそろっているお土産館で買い物を楽しめたり、伝統工芸体験ができる施設が糸満市のひめゆりの塔の近くにある「ひめゆり会館」です。大駐車場完備のため、安心してお食事やお買い物が楽しめます。お土産の発送も出来るため、重いものや生ものなども安心してお買い物することができます。 「琉球ミンサー織体験」「紅型染め体験」などの伝統工芸体験や木製のクラブとボールを使ったパークゴルフも楽しめるため、子どもから大人までご家族みんなで沖縄を満喫できるレジャー施設です。

アクセス

■沖縄県南部観光名所「ひめゆりの塔」すぐ隣。

体験料

■琉球紅型色差し
コースター:864円、テーブルセンター:1,296~1,620円、しおり:1,080円
■琉球ミンサー織
テーブルセンター:1,728円~、コースター:648円~
■漆喰シーサー色差し
小:1,620円、大:2,160円
■プレート
1,620円

営業時間

■8:30~17:30(体験最終受付は16:30、年中無休)

近隣のホテルからツアーを探す

  • こちらから

おきなわワールドについて

おきなわワールドイメージ

おきなわワールドとは・・・

沖縄本島最大級のテーマパーク「おきなわワールド」では、沖縄の自然や歴史、文化を楽しみながら体験できます。こちら一番の見どころは東洋で最も美しいと評判の鍾乳洞「玉泉洞」で、ライトアップされた鍾乳洞内部を歩くことができます。もうひとつの見どころは琉球王朝時代の街並みを再現した「琉球王国城下町」です。ここでは国の有形文化財に登録されている明治後期から昭和初期の民家を見学できます。そのほか南国果実が育つ様子を間近に観察できる熱帯フルーツ園、沖縄グルメを楽しめるレストランやカフェ、地ビールや泡盛の直売も行う酒造所など、沖縄の味覚と出会える施設も併設されています。ファミリーやカップル、個人旅行者まで、一日ゆっくりと楽しめるテーマパーク「おきなわワールド」にぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

アクセス

■那覇空港から車で約30分。
■首里城から車で約30分。
■平和祈念資料館から車で約15分。
■南風原南ICから車で約10分。

入園料

■フリーパス(玉泉洞・王国村・ハブ博物公園)
大人:1,650円、小人:830円(団体:1,440円、720円)
■玉泉洞&王国村
大人:1,240円、小人:620円(団体:1,030円、520円)
■王国村・ハブ博物公園
大人:620円、小人:310円(団体:520円、260円)

営業時間

■9:00-18:00(体験最終受付は17:00、年中無休)

近隣のホテルからツアーを探す

  • こちらから

パイナップルハウスについて

パイナップルハウスイメージ

パイナップルハウスとは・・・

パイナップルハウスは沖縄本島においての観光の定番スポットの一つです。店の外に大きなパイナップルの模型が展示されています。建物の2階はガラス張りの構造となっているので、室内から海などを見渡すことも可能です。お土産などもたくさん揃えられていて、値段を調べれば沖縄においてのお土産の相場が分かるほどです。またスイーツなどの飲食も充実していてビッグパフェを頼めば、大人3人分ほどの量が盛られるので、カップルの方にも堪能できます。さらにパインは食べ放題なので、子供連れの家族にも十分に楽しめるようになっています。

アクセス

■沖縄県那覇空港から車で3分

入園料

■入場料なし

営業時間

■9:00-18:00(年中無休)
(レストラン 9:30-17:00)

近隣のホテルからツアーを探す

  • こちらから

Gala青い海について

Gala青い海

Gala青い海とは・・・

Gala青い海は、海と塩をテーマにした「見る、作る、食べる」の3つの体験ができる施設です。製塩工場では、沖縄の海水を使用した職人の塩づくりが見学でき、その隣にある塩の博物館では、沖縄や世界の塩に関係した写真を見ることができます。敷地の海側にある、人工的に作った陸上のサンゴ礁が「さんご畑」です。さんご畑では、サンゴを養殖し海に戻す活動をしています。その他、塩づくりや琉球ガラス、やちむん(陶芸)など、沖縄の文化に触れられる体験メニューが豊富にあります。施設内には、ステーキの他、沖縄料理が楽しめるレストランや沖縄の塩を使ったアイスクリーム店、お土産店などが併設され、「食べる」ことも含めて沖縄を満喫できる施設です。

アクセス

■那覇から約27km(約1時間)

体験料

■塩作り
1,500円
■陶芸
お手軽ろくろコース:2,500円、チャレンジろくろコース:3,500円、手びねりなんでもコース:2,500円等
■琉球ガラス作り
吹きガラス:2,700円~、トンボ球アクセサリー作り:1,620円~2,800円
■さんご畑入園料
大人900円、学生(高校生、専門生、大学生)600円
■サンゴの苗作り
3,500円(+入園料)※前日17時までの要予約
■アトリエ
パズル作成:1,500円~、ステンドグラス風アート:1,500円~3,000円
■マリンサービス
スノーケリング:4,700円~、体験ダイビング:9,200円~、ファンダイビング:8,500円

営業時間

■10:00-18:00

近隣のホテルからツアーを探す

  • こちらから

ビオスの丘について

ビオスの丘イメージ

ビオスの丘とは・・・

子どもが一日中楽しめるビオスの丘。熱帯植物のトンネルを抜けたら一面広がる大草原が出迎えてくれます。動物ふれあいゾーンではヤギをお散歩させたり、放し飼いの人懐っこいアグー豚が寄ってきたりと、普段体験できないことが盛り沢山です。また、沖縄県で唯一予約なしで水牛車に乗ることができます。農場エリアではいちご狩りやアスレチックで楽しんだり、バーベキューゾーンもあったりと大人子ども関係なく楽しむことができるほか、湖ではカヌーやスタンプラリーがあったり、船でスタッフさんの解説を聞きながらクルージングしたりと、楽しいこと満載の施設になっています。

アクセス

■那覇空港・那覇バスターミナル・名護バスターミナルより
1・高速バス/ 琉球バス・沖縄バスの「名護西線(20番)」「石川インター」下車、石川インターからはタクシーを、ご利用下さい。
2・「名護西空線(120番)」で「仲泊」下車(那覇空港から仲泊間の所要約90分)「仲泊」からはタクシーをご利用下さい。(ビオスの丘まで約7分)
■那覇空港から車で約75分

入園料

■入園料
大人(中学生以上):900円(団:810円、身:300円、特:300円)、小人(4歳~小学生):500円(団:450円、身:100円、特:100円)
■入園+乗船セット
大人(中学生以上):1,600円(団:1,440円、身:1,100円)、小人(4歳~小学生):900円(団:810円、身:600円)
※団=団体料金(20名様以上)、身=身障者特別料金、特=沖縄県内小学生特別入園(セットの販売はなし)、小型のペットなら同伴OK、ただし盲導犬、介助犬等につきましては、ペットではありませんので上記条件には当てはまりません。ご一緒に行動いただけます。

営業時間

■9:00-18:00(年中無休 ※入園は17:00まで)

近隣のホテルからツアーを探す

  • こちらから

琉球村について

琉球村イメージ

琉球村とは・・・

恩納村のリゾートエリアにあるテーマパークで、体験プログラムを通して沖縄の文化を楽しむことができます。三線体験やサーターアンダギー作り体験、沖縄の衣装を着ての撮影など体験できるプログラムは豊富です。また敷地内には琉球古民家も数多くあり、昔ながらの沖縄の文化や歴史を思う存分満喫することができます。沖縄の定番料理からこだわりのB級グルメを味わえる、無料で入場できるエリアもあります。小さなお子様からお年寄り、またおひとりさまでも体験や沖縄の人との触れ合いを通して一日中楽しめるテーマパークになっています。短時間の体験プログラムも用意されているので、少ししか時間がないという時でも安心です。

アクセス

■那覇空港から車で約60分
■那覇から沖縄バス・琉球バス路線の名護行きで約60分、琉球村前で下車。

入園料

■入場券
大人:1,200円(16歳以上)、小人:600円(6~15歳)
※6歳以下は入場料無料

営業時間

■通常営業時間:8:30-17:30(最終受付:17:00)
■サマータイム期間:9:00-18:00(最終受付:17:30)

近隣のホテルからツアーを探す

  • こちらから

かりゆしカンナタラソラグーナについて

かりゆしカンナタラソラグーナイメージ

かりゆしカンナタラソラグーナとは・・・

沖縄本島宜野座村の漢那にある「かりゆしカンナタラソラグーナ」は、沖縄のホテルチェーン・かりゆしグループが運営するタラソテラピー(海洋療法)の施設です。カンナは地名のことで、漢那と書きます。タラソは海洋を意味し、ラグーナは干潟を意味します。タラソテラピーでは、「海洋気候の中で、海水、海藻、海泥を用いた自然治療」を行います。カンナタラソラグーナでも、この趣旨に沿った14種類のジャグジーやサウナが用意されていて、心身のリラクゼーションを促すようになっています。施設内のジャグジーやサウナでは、水着と水泳帽を着用するルールになっていますが、レンタルも可能です。

アクセス

■那覇から車で約50分

入場料

■バーデゾーン入場料
大人(中学生以上):2,160円、小人(3歳~小学生):1,080円、シルバー(65歳以上、障がい者割引):1,620円、幼児(3歳未満):無料

営業時間

■10:00-22:00(最終受付:21:00、年中無休 )

近隣のホテルからツアーを探す

  • こちらから

ナゴパイナップルパークについて

ナゴパイナップルパークイメージ

ナゴパイナップルパークとは・・・

沖縄県北部に位置する名護市。市内の高台にありますパイナップルパークは、黄色いパイナップルのキャラクターが目印です。自動運転のパイナップル号に乗って名産のパイナップル畑、トロピカルガーデンを楽しみましょう。なんと200種類以上の食用・観賞用のパイナップル科の植物を見られます。南国の植物によるマイナスイオンを浴びて癒され、パイナップルの試食などでお腹も癒されます。南国ならではのパイナップルジュースやパイナップルワインもお土産にどうぞ。またパイナップルパークは全天候型の施設となっており急なスコールや雨の日でも存分にお楽しみいただけます。

アクセス

■那覇空港から車で約80分

入園料

■入園料
大人(高校生以上):850円、中学生:600円、子供(小学生):450円、小学生未満:無料
※団体15名様以上10%割引、障がい者(お付き添いのお客様1名)半額

営業時間

■9:00-18:00(最終受付:17:30、年中無休)

近隣のホテルからツアーを探す

  • こちらから

森のガラス館について

森のガラス館イメージ

森のガラス館とは・・・

森のガラス館は、沖縄本島の北部にある名護市の琉球ガラス工房です。ガラス製品の制作工程が見学可能なガラス工場では、ガラス職人の鍛錬された技術と真剣な眼差しを間近で見ることができます。さらに、琉球ガラスの体験コーナーもあり、自分だけのオリジナルグラスを職人に手伝ってもらいながら、楽しんで製作することができます。アクセサリーやフォトフレームなど種類豊富に作れます。展示販売しているショッピングコーナーでは、およそ200種類以上の色とりどりの鮮やかな琉球ガラス製品が並んでおり、見ているだけでも飽きません。

アクセス

■沖縄自動車道「許田IC」より車で約15分
■美ら海水族館から車で約30分

体験料

■オリジナルグラス作り
対象年齢:小学生以上 1,620円、団体 1,404円 ※作る色によって値段が違います。要予約
■アクセサリー作り
対象年齢:5歳以上 1,620円
■オリジナルフォトフレーム作り
対象年齢:5歳以上 1,080円
■オリジナルジェルキャンドル作り
対象年齢:5歳以上 1,080円~
■万華鏡作り
対象年齢:5歳以上 648円

営業時間

■9:00-18:00(年中無休)

近隣のホテルからツアーを探す

  • こちらから

OKINAWAフルーツらんどについて

OKINAWAフルーツらんどイメージ

OKINAWAフルーツらんどとは・・・

OKINAWAフルーツらんどは、雨の日も濡れることなく楽しめる全天候型亜熱帯体験施設です。3つのゾーンに分かれており、フルーツゾーンは園内で一番広く、マンゴーやパパイヤはもちろん多くの熱帯果樹がなんと30種類以上。甘い香りが一面を漂っています。蝶ゾーンは喜界島以南にしか生息していないオオゴマダラと写真撮影ができる数少ない場所です。バードゾーンでは5色の色を持つゴシキセイガイインコが元気に飛び回っており、人懐っこいので肩や頭に止まることもあります。南米にしか生息していないクチバシが美しいサンショクキムネオオハシも見ることができます。家族はもちろん、ひとりでも楽しめる施設になっています。

アクセス

■那覇空港から車で約100分

入場料

■一般料金
大人(高校生以上):1,000円、小人(4歳~中学生まで):500円
■団体料金
15名様以上:大人(高校生以上):800円、小人(4歳~中学生まで):400円
100名様以上:大人(高校生以上):700円、小人(4歳~中学生まで):350円
200名様以上:大人(高校生以上):600円、小人(4歳~中学生まで):300円

営業時間

■9:00-18:00(最終入園受付時間17:45)

近隣のホテルからツアーを探す

  • こちらから

美ら海水族館について

美ら海水族館イメージ

美ら海水族館とは・・・

「美ら海水族館」最大の魅力は高さ8.2m、幅22.5mにも及ぶ大水槽です。沖縄県の美しい海を彷彿とさせる景色が広がり、多種多様な魚たちが優雅に泳いでいます。回遊魚たちのダイナミックな泳ぎを眺める、専用シートも設けられています。また、ジンベエザメやマンタの複数飼育を実施し、他の水族館では見られない展示に挑戦している所がこだわりです。沖縄県ならではのサンゴをメインにした水槽や深海魚のコーナーもあり、バリエーションに富んでいます。海の生態や地元住民の取り組みを知ることができる、ハイビジョン体験コーナーも用意されています。

アクセス

■那覇空港から車で約120分

入園料

■一般料金
大人:1,850円、中人(高校生):1,230円、小人(小・中学生):610円
■団体料金
大人:1,480円、中人(高校生):980円、小人(小・中学生):490円
■16時からチケット
大人:1,290円、中人(高校生):860円、小人(小・中学生):430円
■年間パスポート
大人:3,700円、中人(高校生):2,460円、小人(小・中学生):1,220円
※6歳未満は無料。

営業時間

■通常期間
10月~2月:8:30-18:30(入館締切:17:30)
■夏季期間
3月~9月:8:30-20:00(入館締切:19:00)
■休館日
12月の第1水曜日とその翌日(木曜日)

近隣のホテルからツアーを探す

  • こちらから

琉宮城蝶々園について

琉宮城蝶々園イメージ

琉宮城蝶々園とは・・・

琉宮城蝶々園では南国の珍しい花や蝶々と触れあうことができるテーマパークです。日本一大きな蝶々のオオゴマダラや天然記念物のフタオチョウなど約15種類の蝶が飼育されており、間近でじっくり観察することができます。特にオオゴマダラは赤い色に引き寄せられる習性があり、入口で無償で貸してくれる赤いカサを持って入ると、近寄ってきてくれる可能性が大です。このほか、キノボリトカゲやヤシガニといった生きものも見ることができます。また、東シナ海を一望できる大パノラマ展望レストランも人気で、オーシャンビューを楽しみながら沖縄そばやタコライス、沖縄産紅芋をたっぷり使ったケーキなど、こだわりの料理が楽しめます。

アクセス

■沖縄道許田ICから車で約40分

入園料

■一般
大人(16歳以上):500円、小人(3歳~16歳未満):250円※3歳未満は無料
■団体(20名様以上)
大人(16歳以上):450円、小人(3歳~16歳未満):225円
※障がい者の方は、手帳提示で50%割引

営業時間

■ 9:00~17:00(年中無休)

近隣のホテルからツアーを探す

  • こちらから

古宇利オーシャンタワーについて

古宇利オーシャンタワーイメージ

古宇利オーシャンタワーとは・・・

沖縄本島の北部・今帰仁村に位置する古宇利オーシャンタワーは、息をのむほどに美しい沖縄の海を、パノラマビューで満喫できる、海抜80メートルの展望塔です。子供も喜ぶ自動カートで、南国ムードいっぱいの庭を見ながらタワーに到着すると、あとは自由にフロアごとの海を展望できます。日中には、見事な「古宇利ブルー」の海と迫力ある古宇利大橋、夕暮れ時には感動的な夕焼け、夜には満点の星空と、1日中眺めを楽しめます。休憩にぴったりのカフェや沖縄グルメを堪能できるレストランも併設しているほか、魅力的な古宇利土産があれこれ選べるショップも大人気です。絶好の撮影スポットとなっている屋上のオーシャンデッキでは、誰にでも絵になる写真を撮ることができます。沖縄北部観光は、ここなしでは語れないのではないでしょうか。

アクセス

■那覇から車で約120分
■美ら海水族館から車で約25分

入園料

■大人:800円、中・高校生:600円、小学生:300円、小学生以下:無料

営業時間

■9:00-18:00(最終入園:17:30)

近隣のホテルからツアーを探す

  • こちらから

大石林山について

大石林山イメージ

大石林山とは・・・

大石林山は琉球地方に古くから伝わる聖なる地で島建ての神、アマミキヨが降り立ったとされる神話の土地として信仰を集めている場所です。近隣一帯はやんばる国定公園に指定されていることもあって雄大な自然が保護されており、この大石林山には4つのトレッキングコースが設定されています。トレッキングコースの一つは車いすでも通行できるバリアフリーコースとなっているので、元気な若者からお年寄りまでみんなが壮大な景色を楽しみながら亜熱帯ならではの植物や長年の自然活動によって作られた地形や景色を体験できる一大スポットとなっています。

アクセス

■那覇から車で約120分
■恩納村から車で約80分
■古宇利島から来るまで約75分

入園料

■個人
大人(15歳以上):1,200円、小人(4歳~14歳):550円、シニア(65歳以上):900円

営業時間

■9:00-17:30(最終受付:16:30 年中無休)

近隣のホテルからツアーを探す

  • こちらから

石垣島鍾乳洞について

石垣島鍾乳洞イメージ

石垣島鍾乳洞とは・・・

約20万年かけて隆起したサンゴ礁からなる鍾乳洞です。いろいろな形の鍾乳石が連なった姿はまるで彫刻品。自然の力をひしひしと感じることができます。鍾乳洞の成長スピードは一般的に30年に1ミリとされていますが、石垣島鍾乳洞はなんと3年で1ミリと、日本一はやく成長する鍾乳洞なのです。LEDを使ったイルミネーションを見ることができるゾーンがあり、この世のものとは思えないほど美しく幻想的な光景が広がっています。極めつけはトトロ石。その名の通りトトロそっくりの鍾乳石が待ち構えています。耳と鼻が付いていますが、もちろん人の手は入っておらず、すべて自然の力なのです。一周するのにおよそ30分、夏は涼しく冬は暖かい素敵な空間です。

アクセス

■石垣市内から車で約8分
■石垣空港から車で約30分

入場料

■大人(高校生以上):1,080円(団体:970円)、小人(4歳~中学生まで):540円(団体:480円)

営業時間

■鍾乳洞営業時間:9:00-18:30(最終入洞受付:18:00)
■食堂営業時間:11:00-16:30(ラストオーダー:16:00)
■売店営業時間:9:00-18:00

石垣やいま村について

石垣やいま村イメージ

石垣やいま村とは・・・

石垣やいま村は、日本のテーマパークの中でも最も南に位置します。丘の上に佇むやいま村からは石垣島の名勝として知られる名蔵湾を見渡すことができて、青い空と海のコントラストが最高に素晴らしい場所です。赤瓦の古民家をはじめ、水牛の池やリスザル園など、村の中には見どころがいっぱいです。リスザル園では可愛いリスザルたちに餌をあげる体験もできます。そのほかにも、琉球衣装を身にまとったりシーサーの絵付けをしたりと体験コーナーも充実しており、たくさんの思い出作りができるでしょう。村中のあんぱる食堂では、八重山そばやソーキそばなどの地元ならではの料理も楽しめます。

アクセス

■石垣空港より車で20分

入村料

■大人(中学生以上):1,000円(団体:800円)、子供(3歳~小学生以下):500円(団体:450円) ※障がい者手帳ご提示の方は半額。

営業時間

■9:00~17:30(最終受付:17:00、年中無休)

川平マリンサービスについて

川平マリンサービスイメージ

川平マリンサービスとは・・・

日本百選に選ばれている川平湾をグラスボートで遊覧できるサービスです。川平湾には世界に誇れる珊瑚礁とカラフルな熱帯魚がいます。窓の中から見ることのできる景色は、自然の水族館です。川平出身の船長が、珊瑚や熱帯魚の特徴や見るべきポイントをわかりやすく説明してくれるので、子供から大人まで楽しむことができます。乗船時間は約30分で、15分間隔で出航しているので待つこともありません。川平湾を知り尽くしている船長だからこそ、ウミガメやマンタなど普段見ることのできない動物に会えるように、熟練した操縦をしてくれます。

アクセス

■石垣空港から車で約40分

乗船料

■大人(12歳以上):1,030円、小人(6歳~11歳):520円
※障がい者手帳割引あり

営業時間

■9:00~17:00(年中無休)

宮古島海中公園について

宮古島海中公園イメージ

宮古島海中公園とは・・・

海の中を観察できる施設が備わっていて、豊かな海洋資源を楽しめる施設です。24個のアクリルパネル越しに海の中の生物を観察して学んだり、自然に泳ぐ魚を間近で見ることができます。海の観察施設は屋内なので雨の日も安心で、泳げない人でも楽しめます。施設内ではガイドさんが案内してくれます。また公園内には地上4mの高さから雄大な海の景色を眺めることができる展望台や磯遊びスペースなどもあり、小さな子供からお年寄りまで一日中海や海の生物を楽しむことができます。施設内に併設されているシーサイドカフェのみを利用することも可能です。

アクセス

■宮古島空港から車で約25分

観覧料

■海中観察施設のみの観覧料金
大人:1,000円(団体:800円)、中人(高校生):800円(団体:640円)、小人(小中学生):500円(団体:400円)
■セット料金(海中観察施設+食事・ドリンク(シーサイドカフェ海遊))
大人:1,900円、中人(高校生):1,700円、小人(小中学生):1,500円
※団体は15名様以上。
※6歳未満は無料。
※障害者手帳のご提示で割引あります。

営業時間

■10:00~18:00(最終受付:17:30、年中無休)

まいぱりについて

まいぱりイメージ

まいぱりとは・・・

宮古島にある熱帯果樹園でパイナップルや島バナナ、ドラゴンフルーツなどが広がっている農園です。東洋で一番の美しさと言われる与那覇前浜ビーチは地元で「まいはま」と呼ばれ、その近くにある畑という意味で「まいぱり」と言います。一周を約25分かけて、ガイドさんと専用カートで園内を巡るツアーが特徴です。どのようにして実がなっているのかなど、フルーツについてもガイドさんが詳しく説明してくれます。また、宮古島の特産物お土産コーナーは充実した品揃えです。ビジターセンターでは、南国フルーツを使ったアイスクリームやジュースを楽しむことができます。

アクセス

■宮古島空港から車で約15分

入園料

■一般入園料
大人(中学生以上):600円、小人(小学生):300円
■トロピカルガイドツアー(入園料込み)
大人(中学生以上):1,200円、小人(小学生):600円
■ハーブティー作り体験(要予約)
大人(中学生以上):1,000円、小人(小学生以上):500円
■引き馬体験
小学生以下のみ500円
※小学生未満は無料。

営業時間

■10:00~17:00(定休日:水曜日)

ページトップへ戻る