札幌国際スキー場のゲレンデ情報

札幌国際スキー場のスキー場マップ

画像を拡大して表示する→

札幌国際スキー場の基本情報
  • コース数7
  • リフト数5
  • 最長滑走距離3600m
  • 最大斜度30度
  • 営業時間9:00~17:00 ※土日祝日9:00~18:00
  • ナイター営業なし
  • URLhttps://www.sapporo-kokusai.jp/
  • レベル別コース比率
    初級
    30%
    中級
    60%
    上級
    10%
    スキーヤー・ボーダー比率
    スキーヤー
    60%
    ボーダー
    40%

札幌国際スキー場の周辺イメージ

  • 札幌国際スキー場イメージ
  • 札幌国際スキー場イメージ
  • 札幌国際スキー場イメージ
  • 札幌国際スキー場イメージ

札幌国際・テイネ・ルスツ・キロロ・ニセコグランヒラフの5スキー場を利用可能!

札幌国際スキー場の特徴

札幌国際スキー場は札幌中心部から車で約30分、新千歳空港からも約100分と非常にアクセスの良いスキー場です。札幌市内中心部から近いので、市内に宿泊しても約30分でスキー場に到着できる利便性が北海道スキーツアーに参加するスキーヤーやボーダーから好評を得ています。札幌国際スキー場は初心者・中級者コースが全体の約90%とまだ思うように曲がれないようなスキー初心者や基本テクニックを思い出したい中級者でも安心して滑られる設計となっています。このように札幌国際スキー場ではリゾートを満喫しつつ、初心者から上級者までスキーやスノーボードも楽しめます。
札幌国際スキー場には利用する人のレベルに応じた全部で7つのコースそして5基のリフトが用意されています。初級者向けの林間コース~メルヘンコースは平均斜度が8度、最大でも12度と非常に緩やかであり、曲がったり止まったりといったスキーやスノボの基本的な動作を覚えるのに最適です。ファミリーコース、エコーコース、スイングコース、ウッディーコースは平均斜度10~11度ですが、最大斜度28度と中級者にはぴったりの程よい急な斜面もありスキルアップに適しています。もちろん上級者向けのコースもあり、ダウンヒルコースは長さ約2,200m、最大斜度30度で腕におぼえのあるスキーヤーも飽きさせません。また、スキーセンター前にはキッズ・初心者向けのエリアが設けてあり、小さいお子様が雪あそびが出来る広場も9:00~16:00までオープンしております。
札幌国際スキー場では今シーズン新たに高速4人乗りリフト(エコークワッドリフト)が登場。中・上級者に人気の深雪エリア、エコーコースなど山頂エリアを効率よく滑走出来る様になりました。そして最新式のオートゲートの導入で、ICカードをポケットに入れたままゲートを通るだけの簡単ゲートインが可能となりますます便利になりました。

ページトップへ戻る