利尻島・礼文島
最北の地に浮かぶ花の浮島

利尻島の観光地

利尻山・利尻富士イメージ

利尻富士

「利尻山」以外にも、「利尻岳」・「利尻富士」・「利尻火山」とも呼ばれる。高山植物がたくさん生息し、多くの登山客が訪れる。おすすめの登山時期は、雪解けする6月半ばごろから雪が降る9月初めまでです。高山植物を楽しみたい方は、6月に行くことをお勧めします。「利尻山」には、宿泊施設がなく日帰りで1,500mを登って下山しないといけません。しかし、日本名水百選に選ばれている「甘露泉水」や山頂の360度展望など見どころがたくさんあります。

ペシ岬イメージ

ペシ岬

ペシ岬は、利尻島の玄関口である「鴛泊港」から見える灯台がある高台です。一番高いところには展望台があり遮るものがなく360度島を見渡すことができます。日の出の時刻になると、水平線から太陽が顔を出し、空と海がオレンジに染まっていく絶景に言葉を失います。日の出時刻ではなくても、日本海と利尻山・鴛泊港を見渡せる絶景は圧巻と言えます。標高が93mですが意外と勾配があり、ちょっとした運動になります。

オタトマリ沼イメージ

オタトマリ沼

オタトマリ沼とは、利尻島最大の湿原「沼浦湿原」にあり、利尻島のシンボルである「利尻山」と湖の景色・季節を彩る花々が楽しめます。運が良ければ、鏡の中に飛び込んだような幻想的な「逆さ利尻山」を見ることができるかも。また、島の名物である「エゾバフンウニ」や利尻島産のホタテなど絶品グルメやご当地ソフトクリームも堪能できます。北海道の定番お土産のパッケージになっている利尻山と同じ景色の「沼浦展望台」(別名「白い恋人の丘」)も近くにあるので、一緒に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

姫沼イメージ

姫沼

利尻山を水面に映る「逆さ利尻富士」と合わせてみることができる人気観光地。逆さ利尻富士は雲のない晴天と風が吹かず水面に波が立たないという条件が重なるとみることができる。早朝から午前中にかけて、見ることができる確率が高いです。また急な坂道があるため、本格的なトレッキングを楽しめるスポットでもあります。この美しい「姫沼」は人造湖で。1917年に3つの沼を湧き水で水位を上昇させて作られたそうです。

利尻島のおすすめスポット・利尻富士

【利尻島】|利尻富士

開閉
利尻島のおすすめスポット・利尻富士

利尻富士
「利尻山」以外にも、「利尻岳」・「利尻富士」・「利尻火山」とも呼ばれる。高山植物がたくさん生息し、多くの登山客が訪れる。おすすめの登山時期は、雪解けする6月半ばごろから雪が降る9月初めまでです。高山植物を楽しみたい方は、6月に行くことをお勧めします。「利尻山」には、宿泊施設がなく日帰りで1,500mを登って下山しないといけません。しかし、日本名水百選に選ばれている「甘露泉水」や山頂の360度展望など見どころがたくさんあります。

利尻島のおすすめスポット・ペシ岬

【利尻島】|ペシ岬

開閉
利尻島のおすすめスポット・ペシ岬

ペシ岬
ペシ岬は、利尻島の玄関口である「鴛泊港」から見える灯台がある高台です。一番高いところには展望台があり遮るものがなく360度島を見渡すことができます。日の出の時刻になると、水平線から太陽が顔を出し、空と海がオレンジに染まっていく絶景に言葉を失います。日の出時刻ではなくても、日本海と利尻山・鴛泊港を見渡せる絶景は圧巻と言えます。標高が93mですが意外と勾配があり、ちょっとした運動になります。

利尻島のおすすめスポット・オタトマリ沼

【利尻島】|オタトマリ沼

開閉
利尻島のおすすめスポット・オタトマリ沼

オタトマリ沼
オタトマリ沼とは、利尻島最大の湿原「沼浦湿原」にあり、利尻島のシンボルである「利尻山」と湖の景色・季節を彩る花々が楽しめます。運が良ければ、鏡の中に飛び込んだような幻想的な「逆さ利尻山」を見ることができるかも。また、島の名物である「エゾバフンウニ」や利尻島産のホタテなど絶品グルメやご当地ソフトクリームも堪能できます。北海道の定番お土産のパッケージになっている利尻山と同じ景色の「沼浦展望台」(別名「白い恋人の丘」)も近くにあるので、一緒に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

利尻島のおすすめスポット・姫沼

【利尻島】|姫沼

開閉
利尻島のおすすめスポット・姫沼

姫沼
利尻山を水面に映る「逆さ利尻富士」と合わせてみることができる人気観光地。逆さ利尻富士は雲のない晴天と風が吹かず水面に波が立たないという条件が重なるとみることができる。早朝から午前中にかけて、見ることができる確率が高いです。また急な坂道があるため、本格的なトレッキングを楽しめるスポットでもあります。この美しい「姫沼」は人造湖で。1917年に3つの沼を湧き水で水位を上昇させて作られたそうです。

礼文島の観光地

澄海岬イメージ

澄海岬

礼文島は、高山植物や固有種の花が咲き誇ることから別名花の浮島と呼ばれていますが、鮮やかな青い海としても有名です。その中でも美しく海が見えるポイントが「澄海(すかい)岬」です。まるで南国の海かと錯覚してしまうほど美しく透明度を誇る海を展望することができます。写真で見た以上の絶景が広がっていて、飽きることなくずっと見ていられます。映画やPVなど美しさゆえにロケ地になることも

スコトン岬イメージ

スコトン岬

スコトン岬は、目の前に無人島で「トド」が来る島である「トド島」と晴れた日にはサハリン(樺太)、「礼文ブルー」と言われるほど美しい海を展望することができる日本最北限の地です。以前は「宗谷岬」とともに「最北端」と名乗っていたが。測量の結果「宗谷岬」が「最北端」と判明したため「最北限」と名乗るようになりました。また名物である「昆布ソフトクリーム」が売店に売っています。訪れた際には、ぜひご賞味ください。

桃岩イメージ

桃岩

その名の通り桃の形に似ていることから名前を付けられた桃岩。学術的には「桃岩ドーム」とも呼ばれマグマによって形成され、隆起したものとされています。角度によっては桃の形には見えないですが、見方を変える岩です。桃岩展望台では桃岩の頂上や海を見渡すことができます。桃台猫台展望台から見ると桃の形に見え、「桃岩」だけでなく、「猫岩」や「地蔵岩」など三種類の岩を展望することが可能です。花のシーズンには一面お花畑になります。

北のカナリアパークイメージ

北のカナリアパーク

北のカナリアパークとは、映画「北のカナリアたち」のロケ地として使用された小学校のことを指します。もともと礼文島で一番美しく利尻富士がみられる場所として知られていたそうです。小学校の校庭から見える景色とは思えないほど美しい景色が広がっています。小学校内は無料で入場することができます。ここに行くと映画を見てない人は見てみたくなり、見たことがある人はもう一度見たくなります。

礼文島のおすすめスポット・澄海岬

【礼文島】|澄海岬

開閉
礼文島のおすすめスポット・澄海岬

澄海岬
礼文島は、高山植物や固有種の花が咲き誇ることから別名花の浮島と呼ばれていますが、鮮やかな青い海としても有名です。その中でも美しく海が見えるポイントが「澄海(すかい)岬」です。まるで南国の海かと錯覚してしまうほど美しく透明度を誇る海を展望することができます。写真で見た以上の絶景が広がっていて、飽きることなくずっと見ていられます。映画やPVなど美しさゆえにロケ地になることも

礼文島のおすすめスポット・スコトン岬

【礼文島】|スコトン岬

開閉
礼文島のおすすめスポット・スコトン岬

スコトン岬
スコトン岬は、目の前に無人島で「トド」が来る島である「トド島」と晴れた日にはサハリン(樺太)、「礼文ブルー」と言われるほど美しい海を展望することができる日本最北限の地です。以前は「宗谷岬」とともに「最北端」と名乗っていたが。測量の結果「宗谷岬」が「最北端」と判明したため「最北限」と名乗るようになりました。また名物である「昆布ソフトクリーム」が売店に売っています。訪れた際には、ぜひご賞味ください。

礼文島のおすすめスポット・桃岩

【礼文島】|桃岩

開閉
礼文島のおすすめスポット・桃岩

桃岩
その名の通り桃の形に似ていることから名前を付けられた桃岩。学術的には「桃岩ドーム」とも呼ばれマグマによって形成され、隆起したものとされています。角度によっては桃の形には見えないですが、見方を変える岩です。桃岩展望台では桃岩の頂上や海を見渡すことができます。桃台猫台展望台から見ると桃の形に見え、「桃岩」だけでなく、「猫岩」や「地蔵岩」など三種類の岩を展望することが可能です。花のシーズンには一面お花畑になります。

礼文島のおすすめスポット・北のカナリアパーク

【礼文島】|北のカナリアパーク

開閉
礼文島のおすすめスポット・北のカナリアパーク

北のカナリアパーク
北のカナリアパークとは、映画「北のカナリアたち」のロケ地として使用された小学校のことを指します。もともと礼文島で一番美しく利尻富士がみられる場所として知られていたそうです。小学校の校庭から見える景色とは思えないほど美しい景色が広がっています。小学校内は無料で入場することができます。ここに行くと映画を見てない人は見てみたくなり、見たことがある人はもう一度見たくなります。

利尻島・礼文島のグルメ

  • ウニイメージ

    エゾバフンウニ

    日本で、よく食べられているウニには「エゾバフンウニ」・「ムラサキウニ」・「バフンウニ」などがあります。「エゾバフンウニ」は、一番甘味が強く味が濃いのが特徴で日本のウニの中で一番美味しいです。その中でも利尻島・礼文島のエゾバフンウニは、日本で獲られている「エゾバフンウニ」の中で1番おいしいと言われています。旬は最盛期が7月初旬で、その前後1か月の6月~7月末頃が最もおいしく食べられます。

  • 利尻昆布イメージ

    利尻昆布

    利尻昆布は、「真昆布」・「羅臼昆布」に並ぶ三大高級昆布と言われ、その中でも一番おいしいと言われ、幻の昆布と言われています。ほかの昆布に比べて、肉厚で柔らかく、粘りととろみの強い。癖のない爽やかで上質なダシが取れるため、京都など関西方面の料亭から絶大な信頼が寄せられている昆布です。

  • ミルピスイメージ

    ミルピス

    「ミルピス」は、利尻島でしか飲むことができない知る人ぞ知る飲み物で、島民以外にはあまり認知されていないのだとか。利尻島の西北に位置する「ミルピス商店」という店で製造をしています。「ミルピス」は乳酸飲料で原液から手作りで作っています。「乳酸飲料」なので体にもよく、のど越しが爽やかで飲みやすい。またミルピスは乳酸飲料だけではなく珍しい味がある果実ジュースも製造しています。

  • ホタテイメージ

    ホタテ

    利尻島のホタテは、旬の時期は8月~9月ごろで、身がよりふっくらして、うまみも増しています。利尻島でおすすめの食べ方は、バター焼きはもちろんですが、ウニと一緒にホタテの貝殻の上でバター焼きにしたものが絶品です。またラーメンに大ぶりの貝柱を3個入れたものもおいしくておすすめです。

利尻島・礼文島のホテル

    利尻島

  • ホテル利尻
  • アイランドインリシリ
  • 礼文島

  • 旅館一番館
  • ホテル礼文
  • 花れぶん

【利尻島】ホテル利尻

外観

ホテル利尻・外観

客室

ホテル利尻・客室

露天風呂

ホテル利尻・ロビー
  • 外観
  • 客室
  • 露天風呂

宿泊施設としては、利尻島・礼文島で唯一の源泉かけ流しの宿です。利尻島西海岸・沓形に位置し、利尻山と夕日の美しい日本海をお楽しみい ただけます。

【利尻島】アイランドインリシリ

外観

アイランドインリシリ・外観

客室

アイランドインリシリ・客室

ロビー

アイランドインリシリ・ロビー
  • 外観
  • 客室
  • ロビー

対岸の礼文島も間近に移り、水平線に沈む利尻島の美しい夕日と雄大な利尻富士を堪能できる絶景宿で、利尻島を思う存分楽しむことができます。

【礼文島】旅館一番館

外観

旅館一番館・外観
  • 外観

礼文島・香深フェリーターミナルから徒歩10分で島のあらゆる事を知り尽くした社長と女将の二人三脚で営むお宿。魚料理が自慢の素朴であたたかみのある旅館。

【礼文島】ホテル礼文

外観

ホテル礼文・外観

客室

ホテル礼文・客室

ロビー

ホテル礼文・ロビー
  • 外観
  • 客室
  • ロビー

礼文島の魅力を堪能いただけるよう開放的な空間をご用意。綺麗な海に囲まれた「花の浮島礼文島」景色と共に海・山の旬の食材をお楽しみください。

【礼文島】花れぶん

客室

花れぶん客室

大浴場

花れぶん大浴場
  • 客室
  • 大浴場

海抜0m、約300種の高山植物が咲く花の浮島、礼文島。島を、海を、そして島にかかわる人たちを大切にしています。だから訪れる人たちも大切に、心からのおもてなしでお迎えいたします。。

利尻島・礼文島へのアクセス

利尻島・礼文島マップ

フェリーで利尻島にお越しの方

稚内(稚内港)⇔利尻島(鴛泊港):約1時間40分(約52km)

フェリーで礼文島にお越しの方

稚内(稚内港)⇔礼文島(香深港):約1時間55分(約59km)

フェリーで利尻島・礼文島を行き来する方

利尻島(鴛泊港・沓形港)⇔礼文島(香深港):約45分(約19km)

飛行機で利尻島にお越しの方

※飛行機で行くツアーは取り扱っておりません。

①新千歳空港⇔利尻空港:約50分

②丘珠空港⇔利尻空港:約50分

ツアー予約

ページトップへ戻る