小笠原諸島ツアー!大型客船で行く!小笠原諸島

東洋のガラパゴス

spメイン
東洋のガラパゴス

小笠原ってどこ?

東京港竹芝桟橋からおがさわら丸で24時間!丸一日船の中で過ごしてやっとの思いで着く憧れの島「小笠原諸島」。

飛行機であれば地球の裏側まで到達できる時間を使っての国内旅行!

それも東京都内の旅!住所は東京ですが島固有の動植物がたくさん。

固有種の多さから「東洋のガラパゴス」と呼ばれています!

おがさわら丸おがさわら丸

おがさわら丸

東京港竹芝桟橋からおがさわら丸で24時間!丸一日船の中で過ごしてやっとの思いで着く憧れの島「小笠原諸島」。
小笠原諸島に、今では24時間で行けますが過去には最大で約44時間もの時間がかかっていました。
初めて定期運航を開始したのは、1972年から。船舶は「椿丸」で、東京・父島間を44時間かけて移動していました。
翌年1973年からは「父島丸」(所要時間:約38時間)。1979年からは「初代おがさわら丸」(所要時間:約28時間)。
1997年からは「二代目おがさわら丸」(所要時間:約25.5時間)。2016年から現在「三代目おがさわら丸」という歴史があります。

  • 酔い止め対策は必須

    船旅は海況に非常に左右されます。特に小笠原は1000km24時間の超ロング行程です。
    海の状況が悪い日や途中から悪くなることもあるので酔止めの薬があると安心♪
    竹芝出港後13時頃までに服用すれば東京湾を出る頃に酔い止めが効いてきます。
    船内売店に「酔止め薬」は無いので乗船前に準備することをおすすめします。

  • 客室等級について

    「おがさわら丸」には6種類の船室タイプがあります。
    上位等級から「特等」「特1等」「1等」「特2等」「2等寝台」「2等和室」です。
    「2等和室」は大部屋にマットレスを敷くタイプ。「2等寝台」と「特2等」はカーテンで、「1等」以上は個室でプライバシーを守ることができます。

  • 「特2等寝台(プレミアムベッド)」について

    ベッド前の通路を挟み1人ずつベッドが向かい合った寝台になります。
    それぞれにカーテンが付いているため「2等和室」に比べるとプライベート空間が確保され 自分の時間を楽しむことができます。
    2人単位の利用であれば共用通路とベッド前通路の間をカーテンで仕切りよりプライベートな空間となります。
    コンセントと読書灯、テレビはそれぞれについているので安心!

  • レストラン Chichi-jima

    船内レストラン「Chichi-jima」は、朝・昼・夕の各時間帯に営業しています。
    メニューは1,000円前後で、定食から麺類、ご飯ものまで豊富な品揃え。
    席数は約130席で広々としており、ゆったりと食事をとることができます。
    また、トレーやテーブルには滑り止めが施されているので揺れで滑り落ちることもほとんどありません。

小笠原の動植物小笠原の動植物

大自然のアート

一度も陸続きになったことがない小笠原諸島の動植物は、隔離された環境にいたため独自の進化を遂げています。
そのためほかの地域では見ることのできない固有種が数多く存在し、植物では自生種の半分が固有種とされています。
また植物だけでなく固有種の鳥類や哺乳類、昆虫類などの動物から貝にも固有のものが生存しています。
小笠原諸島に行った際には、固有種の生き物に注目しながらハイキングやトレッキングをしてみてはいかがでしょうか。

  • アカガシラカラスバト

    小笠原諸島の固有亜種であり「国内希少野生動植物種」及び「天然記念物」に指定されています。
    ハトの仲間としてはやや大型で、全身が金属光沢を帯びた黒色、頭部は赤紫、喉はブドウ褐色。

  • カツオドリ

    翼を広げると1.5m近くになる大型の鳥。トビウオやイカを空中から見つけてダイビングし、捕食します。

  • タコノキ

    タコノキは父島でも母島でも色々な場所で見ることができます。パイナップルみたいな実をつけていますが、この実はとても固く、甘い果物ではありません。
    気根という根をタコの足のように伸ばしている姿から「タコノキ」と呼ばれています。

  • ムニンヒメツバキ

    小笠原の「村の花」ムニンヒメツバキ。
    父島では島のいたるところで見られます。
    5月〜7月にかけて、シーズンを迎え、満開時には白い絨毯のように見える場所もあります。

甑島 体験オプション甑島 体験オプション

ココロ、動き感じる

小笠原諸島には箱物と呼ばれる博物館・美術館といった個人で楽しめる施設がありません。
その代わり体験アクティビティが充実していたり、美しい景色をいたるところで見られます!
島内滞在中はたくさんのアクティビティツアーに申し込み&参加し「世界自然遺産」の小笠原の自然を心ゆくまで満喫することをお勧めします。

  • ドルフィンウォッチング

    ボートに乗って島周辺の海域のイルカを見つけに行きます。
    イルカと一緒に泳いだり、水面からイルカを観察することができます。
    小笠原には一年中イルカが生息しており、ドルフィンスイムのツアーも一年中催行です。
    イルカと一緒に泳いで写真撮影といった世界的にもレア体験はいかがでしょうか?

  • ハートロックツアー

    海抜2メートルから300mの登山道を2時間半ほどかけて登ると大パノラマの絶景が広がります。
    専用ガイドの解説を聞き、大自然を満喫しながらゆっくりと進んでいきます。
    目的地のハートロック上からは真っ青な海が広がり、南島が目の前に見渡せます。
    小笠原の豊かな自然と歴史を感じることのできる、スペシャルなトレッキングコースです。

  • 釣り

    魚の宝庫小笠原は1年中温暖な気候に恵まれ、船釣りではロウニンアジ・カスミアジ・マグロ・カマス・サワラ・カンパチ・スマカツオなどの大物も狙えます。
    大物だけでなくファミリーやカップルでの釣りも楽しめ、ロクセンスズメダイ・ベラ類・ハタ類など桟橋や岩場で簡単な仕掛けで楽しめます。

  • シーカヤック

    紺青の海をすべるように進むシーカヤック。
    エンジンを使わない自然に優しいシーカヤックは小笠原の海を存分に楽しめます。
    透明度の高い透きとおった海で珊瑚や魚たちを観察。途中、シーカヤックでしか行けないビーチへの上陸。
    シュノーケリングを楽しむこともできます。

小笠原 アクセス

MAP

MAP

ツアー予約

  • course01

    小笠原ツアー

    ¥88,000

    ビッグホリデー 予約詳細ページへ

TOP